« 軽井沢8 | トップページ | 軽井沢9 »

2008-07-05

パワーウインドウの故障

W210のリヤ(右側後部座席ドア)のパワーウインドウが突然死んだ。異音が発生した途端、あっ!やられたと思った。ケーブルワイヤーの異音がした。W210のガラス昇降機構タイプを理解していなかったので、ドア内貼りをはがして確認すると、シンプルな1本レールのケーブル式パワーウインドウであった。モータの減速部の樹脂ケースが割れていなければ、レギュレータのみの交換で済むはずだ。プロに頼もうと思ったが、ここまでばらして原因もわかってきたので自分で修理する事にした。部品をネットで調べると、W210のウインドウレギュレータって、結構売っているのにはびっくりしました。それだけ定番で壊れる部品だと思った。ヤフオクでは、社外レギュレータの販売もありました。製造元のOEMのようにも思えましたが、純正部品で探し、一番安かった楽天のカーパーツ津田商店リアドアレギュレーター左メルセデス・ベンツ W210 を購入しました。

レギュレータ交換方法が掲載されているページが、ネットでは見つからなかったので、今回は写真を撮りながら交換作業を行いアップしました。
交換作業が終了し、全部のドアの動作確認をしたら。。。。。。。。。。。。。。。。。
ガシャガシャガシャ。。。。。。なんと、左のリヤも壊れました。カーパーツ津田商店へ連絡し、翌日は左側の交換でした。以下の写真は左側交換時の様子です

W210wr0012

W210wr0022

W210wr0032

W210wr0042

W210wr0052

W210wr0062

W210wr0071

W210wr0082

W210wr0092

W210wr0102

W210wr0112_2

W210wr01152

W210wr0122_2

W210wr0132

すべての組み付けが完了したら動作確認をして、パワーウインドウの挟み込み検知機能の学習を行う必要があります。

    

|

« 軽井沢8 | トップページ | 軽井沢9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 軽井沢8 | トップページ | 軽井沢9 »